お役立ちコンテンツ

ネット集客
公開日 : 2022.05.31 最終更新日 : 2022.11.30

商品説明動画とは?制作するメリットやポイントについて解説

この記事では、商品説明動画の種類や、商品説明動画を活用するメリット、商品説明動画を制作する際のポイントについてご紹介します。
近年ECサイトや展示会などで、商品説明動画を販促に活用する事例が増えています。商品説明動画のメリットは、お客様に伝えたい情報を映像、音声、テキストを使って「イメージ」を伝えることで、商品理解が深まることです。一度制作すれば、その映像を何度も見てもらえますので、営業の効率化にも役立ちます。

商品説明動画の種類

商品説明動画とは「商品の概要や詳細な機能説明などを説明する動画」のことを言います。

商品説明動画には、下記の種類があり目的によって内容が大きく異なります。

  • 種類1)ユーザーの課題を認知させる動画【対象:新規顧客・潜在顧客】
  • 種類2)商品の特徴やメリットを宣伝する動画【対象:新規顧客・見込み客】
  • 種類3)詳細な説明や利用者の声で購入を促進する動画【対象:見込み客】

商品説明動画はターゲットに合わせて制作しなければ、当然その効果は得られません。しっかり、的を射た制作ができるよう、それぞれのターゲットについて詳しく見ていきましょう。

企業やユーザーの課題を認知させる動画【対象:新規顧客・潜在顧客】

ユーザーの課題を認知させる動画は、新規顧客・潜在顧客向けです。視聴者が潜在的に困っている課題を表現することで、視聴者が課題を自分ごと化できる動画であるかどうかが重要です。この潜在的に困っている課題をどう発掘できるか。ここに気付ける人はビジネスで成功する人でもあります。つまり、共感させる目の付けどころですね。

商品の特徴やメリットを宣伝する動画【対象:新規顧客・見込み客】

商品の特徴やメリットを宣伝する動画は、新規顧客・見込み客向けです。課題を認識した視聴者に対し、商品のメリットを説明します。「商品を購入すると課題を解決できる」と思ってもらえる――つまり、ベネフィットを端的に伝えられる動画にしましょう。つまり、感動させる訴求力ですね。

詳細な説明や利用者の声で購入を促進する動画【対象:見込み客】

詳細な説明や利用者の声で購入を促進する動画は、見込み客向けです。実際に商品を使用している人のインタビューや口コミ、開発者の声を含む場合があります。伝えたいメッセージは1つに絞って、視聴者にインパクトを与えることがポイントです。つまり、信頼させる安心力ですね。

商品説明動画を活用するメリット

商品説明動画を活用するメリットは、サービス・商品の価値や機能、詳細が伝わりやすくなることです。静止画では難しい情報も、動画であれば容易くイメージできます。

商品説明動画の活用シーン

商品説明動画は、オンライン・オフライン問わず様々な活用方法があります。

  • 自社のWebサイトへ動画を埋め込む
  • マーケットプレイスやショッピングモールで動画を流す
  • YouTubeに投稿する
  • 展示会にモニタを設置して流す
  • 広告素材として活用する
  • 商談に活用する

サービス・商品の情報が伝わりやすくなる

サービス・商品の魅力がダイレクトに伝わるのは、商品説明動画の大きなメリットです。文字や静止画だけの説明は、顧客が「読んでイメージしなくてはならない」ため、難しい場合があります。

一方、動画の場合は、音声や映像を活用すれば、イメージをそのまま伝えることが可能です。顧客が商品を見たり考えたりせずともイメージできるため、高い訴求効果があります。特にECサイトでは商材に直接触れられないため、商品説明動画の活用が重要です。静止画のみの商品ページよりも動画で商品情報を得られる方がイメージが伝わりやすく購入に繋がりやすいでしょう。

売上向上が期待できる

商品説明動画によってサービス・商品の詳細を理解できれば、顧客の購買意欲・売上向上にも繋がります。
ECサイトで商品説明動画を掲載するのは、テレビの通販番組による商品実演と似ています。動画を見た人は商品の使用イメージをしっかりと持つことができ、購入意向が高まります。テレビ番組やCMとは異なり、制作コストを抑えることができるのも魅力の一つです。制作方法の工夫により中小企業でも簡単に実践できるでしょう。

業務の効率化に繋がる

動画は、視覚や聴覚に対して直感的な訴求ができるため、複雑な情報を分かりやすく伝達できます。口頭や紙の資料で商品の説明を行うよりも、短編の動画を観てもらった方が理解を促進させることができるのです。
また、顧客へのフォローとして、商品に関するFAQを動画にするのもおすすめです。例えば、カスタマーサポートのスタッフが、「商品が汚れてしまった場合に掃除する方法」について問い合わせがあった際に説明をします。電話やメールで説明するよりも動画を見てもらった方が伝わりやすくなります。その上、FAQで説明動画が観られるようになっていれば、同様の問い合わせに対する対応コストがかかりません。

商品説明動画の制作方法

商品説明動画を制作するには、外注するか内製するかのいずれかを決めます。

商品説明動画制作を外注する

動画制作スキルやノウハウがない場合は、動画制作の専門業者へ外注するのがおすすめです。
動画制作業者には、アニメーションが得意な業者、実写が得意な業者、VRなど高度な技術まで取り扱える業者など、様々な種類があります。自社の作りたいコンテンツや目的に合った業者をしっかり選定することで、オリジナリティや品質などを確保した動画を制作できるはずです。

アニメーションであれば出演者のイメージに影響されずに映像を制作できる、撮影機材が不要な分コストを下げられるといったメリットがあります。また、実写には出演者を介して商品の利用場面を実際に見せられる、有名な人物の場合認知度向上にも繋げられるのがメリットです。VRなど高度な技術を取り入れるとコストがその分アップしますが、表現の幅が広がり、よりユーザーの興味を惹きやすくなるでしょう。

動画の制作費用の相場は一概にお伝えするのが難しいですが、
シンプルな動画制作であれば数万円単位から可能で、動画の長さや本数、制作に必要な機材や技術などによっては、数百万単位で費用がかかることもあります。
一般的に撮影機材が不要で制作ハードルの低い2Dアニメは安く、機材・出演者の用意が必要な実写や、技術が必要なVR動画は高くなりやすい傾向にあります。

撮影などを含めて商品説明動画を内製する

ある程度動画制作に関する知識やスキルがある場合は、内製するのがおすすめです。
準備が必要なものとして考えられるのは主に以下です。

  • ビデオカメラ(必要な場合はアクションカムなども用意する)
  • マイク
  • 照明
  • 出演者
  • 三脚
  • 専用の編集ソフト

自社でイチから動画を撮影したり編集したりするので、自由度が高いのが特徴です。途中で変更があっても柔軟に対応できますし、スキルが確保されていればオリジナリティの高い動画を用意できます。

しかし、本当にクオリティの高いものを制作しようとすると、機材や撮影環境の用意にもコストがかかり、編集作業にも膨大なスキルと時間を要することになるでしょう。すべて内製する場合、通常の業務をおこないながら撮影や編集も自分たちで進めなければならないことは、頭に入れておく必要があります。

スキルがない場合、初心者でも使える動画制作ソフトを利用するという方法もあります。事前に用意されているテンプレートを基にして、マニュアルに沿って進めていくだけで、簡単に動画が出来上がるようなソフトも存在します。テンプレートを介しながら制作ができるので、作業負担が少なく、コストも大きくはかかりません。
しかし、テンプレートに沿って動画を制作するだけでは当然オリジナリティが乏しくなり、商品の魅力が充分に伝わるクオリティの動画を制作するのは難しいでしょう。そう考えると、やはりある程度のコストや工数はかける必要があると言えます。

商品説明動画を制作する際のポイント

商品説明動画を制作する際のポイントは、「ターゲットとなるユーザー・課題・目的を設定すること」「ターゲットの課題を解決できる動画シナリオを制作すること」などが挙げられます。

ターゲットとなるユーザー・課題・目的を設定する

まずはターゲットになるユーザーと、ユーザーが抱えている課題を設定しましょう。
ターゲットや課題がずれてしまうと、いくら良い動画を作っても成約には繋がりません。内容は慎重に考えましょう。

ターゲットとなるユーザー・課題・目的の例

①シミの増加に悩んでいる30代主婦
肌のシミが最近急に増え基礎化粧品の見直しや美容クリニックを検討している
②オフィスのキャビネットを購入したい
40代総務課長
設置予定の場所が狭いためサイズ感を重視して探している

次に、動画の目的を設定します。目的設定は動画の配信期間・場所・内容にもかかわるため重要なポイントです。

  • サービス・商品を認知させる
  • サービス・商品への理解や比較・検討を促進する
  • 購入を促進する

今回は、例にあげた①シミの増加に悩んでいる30代主婦に対して、購入を促進する動画を制作する想定で、シナリオを考えてみましょう。

ターゲットの課題を解決できる動画シナリオを作る

ターゲットとなるユーザーの課題を解決するための商品説明動画のシナリオを作りましょう。
シナリオは、ユーザー目線で理解しやすい内容になるよう構成を考えます。

  1. 肌荒れに悩んでいる40前後の主婦が登場する
  2. 最近シミが気になってマスクが手放せない、コンシーラーなしでは過ごせないことに悩んでいる
  3. 肌荒れにはこれ!といったフレーズと共にアピールしたい商品がアップで映る
  4. 1の主婦が商品を使って効果を実感している
  5. 実際に商品を試した同世代の主婦の高評価の声がインタビュー形式で流れる
  6. 値段と購入方法が記される

伝えたいメッセージは1つに絞る

動画制作では、伝えたいメッセージを考えるのも重要です。Webサイトや雑誌などでも、一つの商品に対して様々な情報が大量に詰め込まれていると、顧客は「結局商品のポイントが分からない」と感じてしまいます。メッセージや情報量の多さは、混乱や離脱の原因になりかねないため、整理しましょう。

「商品名だけは必ず覚えてもらう」「歌のフレーズを覚えてもらう」といったように、動画の目的に応じたメッセージを考えましょう。伝えたいことは1つに絞り、その1つを徹底して伝えます。

配信媒体を決めておく

配信媒体によって動画の尺や、サイズ、比率が決まってきます。ターゲットや目的に応じて、制作前にどの媒体で配信を行うのかを決めておきましょう。例えば、老若男女を問わず人気がある「YouTube」に自社のチャンネルを作成し、商品説明動画をアップロードすることができます。また、人気SNSの「Instagram」や「TikTok」は、若い層が中心であるため、短編の縦長動画が最適です。店頭や野外で流す場合は、音がなくても内容が分かるようテキストを入れるなど工夫しましょう。

デザインの雰囲気やコンセプトに一貫性を持たせる

動画はトーンアンドマナーを保ったデザインを心がけましょう。シンプルなデザインから一変して派手な編集を加えるなどは好ましくありません。デザインの雰囲気やコンセプトは一貫性を持たせましょう。
動画内で使用する色やフォント・BGMもトンマナを意識して、テイストを合わせます。

動画制作には工数がかかる!商品説明はARの活用がおすすめ

商品説明動画は、ユーザーに商品の魅力を伝えるために有効ですが、外注すれば多くの費用がかかりますし、内製するにも専門性と高いスキルが求められます。また、動画制作は完成までに時間がかかる点もデメリットと言えるでしょう。
そこで活用したいのが、アプリ不要、スマホカメラで気軽に商品を体験できるARです。
動画は受動的に視聴しますが、ARは自らの意思で能動的に製品体験をします。
自分の手でARを使って、商品を体験することで商品イメージが膨らんだ結果、商品購入率がアップしたというデータが出ています。

動画制作と比較して、安価で導入できることも魅力です。メーカーパークのWebARをお試しください!