お役立ちコンテンツ

ネット集客
公開日 : 2022.10.05 最終更新日 : 2022.11.30

心を掴み行動変容に繋げるプロモーション動画とは?動画より効果が高いと話題の販促ツールも紹介

商品を宣伝・販売する際に、必ずといっていいほど制作するのがプロモーション動画です。文字や画像が配置されたチラシ等と比べると、映像や音楽を使って商品の魅力を伝えることで、より一層商品に対する興味喚起や理解促進を行うことが可能です。そういう意味ではプロモーション動画の制作は、定番の販促施策となっています。さらに、もっと商品の魅力を伝え、視聴者を惹きつけるプロモーション動画として近年話題を集めているのがAR動画です。AR動画がいかに視聴者の心を掴み、商品検討や購買行動に繋げるために有効なプロモーション動画になっているかついて、その最新事情をご紹介します。

プロモーション動画は企業や商品を宣伝するための手法

プロモーション動画とは、商品やサービスなどの宣伝のために制作された動画です。文字や画像として、目から入る情報だけでなく、音声を取り入れ耳からも情報を伝えることで、視聴者に情報が伝わりやすいのが特長です。スマートフォンを所有する時代、通信環境は整備され、動画を使ったプロモーションはその地位を確立しています。また、WEB技術も大きく進化を遂げており、単なるプロモーション動画のみならず、最新のAR技術を取り入れた動画なども登場しています。企業のマーケティング活動において、プロモーション動画は今後さらに重要性が高まっていくことでしょう。企業の広告宣伝に、ここまでプロモーション動画を使うことが一般的な方法になった背景として、いくつかの点が挙げられます。

短時間で多くの要素を伝えることができる

プロモーション動画は、短時間で多くの情報を伝達することができます。動画を見るだけで受動的に情報をキャッチアップできるのがプロモーション動画の魅力です。企業や商品、サービスの魅力や特徴など、必要な情報を動画化することで、短時間でしっかりと伝えることができます。

細かいニュアンス・雰囲気が伝わる

動画は、チラシ類と比較して、文字や画像だけでは伝わらない細かいニュアンスや雰囲気を伝えることができます。動作、音など紙媒体では到底伝えることができないポイントを動画にすることで、商品やサービスの魅力が伝わりやすくなります。また、動画であれば、立体的なイメージも的確に伝えることができるため、商品の詳細を正しく伝えることが可能です。

視覚と聴覚に訴えかけられる

動画では、映像に加えて音声を使用することができるため、紙媒体と比べて、より多くの情報を伝えることができます。商品の情報を映像イメージに合わせて音楽やナレーションでも伝えることで、商品の魅力やブランドのイメージを理解してもらいやすくなります。

SNSで拡散されやすい

プロモーション動画は、YouTubeなどのプラットフォームの活用やウェブサイト上で公開することで、SNSで拡散される可能性があります。共感を得られる動画が話題を呼び、一躍有名になるなんてこともよくあるケースです。紙媒体では難しい話題作りもプロモーション動画であれば実現できる可能性を秘めています。

情報量が豊富

1分間の動画の情報は、文字にすると3,600ページに相当するとも言われています。文章の場合、多くの情報を与えよう試みても読み手に飽きられてしまう可能性があります。また、時間がかかるため、短い言葉で宣伝しなければなりません。動画は短時間で多くの情報を与えることができるため、プロモーションに適しています。

何度でも使える

プロモーション動画の制作には時間やコストがかかりますが、一度制作すれば何度でも使用することができます。自社のHP、Twitter、Instagram、FacebookなどのSNSと、いつでも繰り返し使用することができるのは、大きなメリットの一つです。展示会やイベントなどでの活用も可能です。

プロモーション動画を活用する上での注意点

プロモーション動画には多くのメリットがある一方で、慎重に制作しないと、かえってデメリットにもなりかねません。相応のリテラシーと投資も必要になります。

プロモーション動画制作には技術力が必要

プロモーション動画の制作には、技術力が必要不可欠です。視聴者により強く印象づけることができるクオリティが高い動画制作には、専門的な知識が必要です。初心者が制作しても、コストと時間と労力だけがかかり期待した効果が得られないという結果になりかねません。

プロモーション動画が悪い印象を与える危険性がある

プロモーション動画で、商品の情報が正しく伝わらず誤解を生じてしまう可能性や、動画クオリティが低いことで企業や商品の印象を悪くする危険性もあります。動画は、紙媒体と比べて拡散性が高いため、SNS等でよくない情報が広がってしまうというリスクも孕んでいます。

プロモーション動画制作にはコストがかかる

プロモーション動画の制作にはコストと時間がかかります。基本的に動画を制作する場合、企画・構成からスタートし、撮影、編集、字幕やナレーションを入れるといった作業が発生します。動画の長さや訴求したい内容によって変化しますが、費用感としては、以下の通りです。

【費用イメージ】
企画・構成:5~50万円
撮影:10~80万円
編集:5〜50万円
MA(音入れ):5〜50万円
ナレーション:3万円〜30万円

動画制作には少なく見積もっても数十万円の費用と、数週間から数ヶ月の工数がかかります。これらの費用と時間をかけてもプロモーション動画がマーケティング活動において必要かどうかを判断する必要があります。

プロモーション動画は、自由自在に表現できます。アニメーション、実写、3Dなどに加えて、VR、ARといった最新技術を用いて、強くアピールすることができます。画像や文字だけの紙媒体と比較して、興味喚起しやすいのが魅力です。映像においては、行動心理学的に冒頭の6秒間で視聴者に印象づけることが有効だとも言われていますので、耳に残るBGMや音楽の起用、話題性のある映像を使って商品やサービスを積極的に認知してもらう手法は重要になるでしょう。

プロモーション動画制作のポイント

プロモーション動画を制作する場合に押さえておくべき最低条件の3つをご紹介します。

目的を明確にする

プロモーション動画だけでなく、販促物全般に言えることですが、まず初めに制作する目的を明確にすることが重要です。

  • 商品・サービス・企業の認知度向上(知ってもらうこと)
  • 商品・サービス・企業のブランディング(ブランド資産の形成)
  • 商品・サービスの販売促進(サービスを理解し顧客化してもらうこと)

上記がプロモーション動画制作の主な目的です。目的によって制作の方向性やコンセプトが異なるため、何のために制作するのかを定め、制作に関わるメンバーと意識を合わせておきましょう。動画を外注する場合にも制作の目的をしっかりと伝えます。

視聴のターゲットを絞る

目的の明確化と合わせて、重要になるのが視聴するターゲットです。不特定多数の人に視聴してもらうことを目的とすると伝えるべき内容がブレてしまうため、ターゲットを絞って、誰に何を伝えるかを定めることで、プロモーション動画の構成がしやすくなり、伝わりやすくなります。
例えば、20代女性をターゲットとした化粧品と、50代女性をターゲットとした化粧品では、動画の内容も採用するキャストも大きく変わってきます。ターゲットを絞ることで、プロモーション動画の内容がより具体化され、イメージしやすくなります。

公開するプラットフォームを決める

プロモーション動画を配信する場所によって、動画のサイズが変わってきます。最近は縦長の動画主流になりつつあることもあり、プラットフォームを定めなければ動画サイズなども決めることができません。また長尺なものにするかショート動画にするかなども定めておく必要があります。
自社のホームページや、YouTube、Instagram、FacebookなどのSNSの他に、展示会場、デジタルサイネージでの放映など活用範囲が広いのもプロモーション動画の魅力です。

プロモーション動画の種類

プロモーション動画でよく使用される種類として、「商品・設備紹介型」、「ユーザーインタビュー型」、「社内インタビュー型」の3つがあります。
それぞれについて紹介します。

商品・設備紹介型

商品や設備の紹介動画は、商品やサービス、設備の魅力をプロモーション動画にまとめたものです。新製品発売のタイミングなどで効果を発揮します。商品や設備の詳細や、こだわりのポイント、使用イメージなどを伝えるのに有効です。

ユーザーインタビュー型

ユーザーインタビュー型のプロモーション動画は、商品やサービスを利用しているユーザーに協力してもらい、実際の利用者の声をインタビュー形式で紹介している動画を指します。利用者のリアルな声を届けることで、信頼感が高まり、説得力がある動画になります。ユーザーのリアルな声を届けることで、企業として発信している商品の魅力や特長とは異なる訴求が可能です。

社内インタビュー型

社内インタビュー型は、プロモーション動画を発信する企業の従業員や経営者のインタビューを使用したものを指します。開発に携わっている社員の商品に対する思いやこだわりをインタビューとして伝えることで、商品や企業のファンになってもらうといった効果も期待できます。これらは商品のプロモーション動画だけでなく、採用関連のプロモーション動画としても多く採用されています。写真や文字では伝わり難い雰囲気や社風を伝えることに適しているからです。

プロモーション動画の制作方法

プロモーション動画を制作する方法は、主に以下の4つです。

自社で制作する

プロモーション動画を自社で制作する方法があります。社内に、撮影や編集などの動画制作スキルがある社員がいれば、コストを抑えることができるというメリットがあります。ただし、デメリットとして企業としてのクオリティを担保できない可能性があります。動画のクオリティによっては、企業や商品に悪いイメージが付いてしまうリスクを伴います。もちろん、社員が協力して手作りすることで視聴者に好感を与えるケースや、企業の「らしさ」がより伝わるということもあります。内製で制作したいと考えている場合は、周囲とも話し合い慎重に検討しましょう。

動画制作会社に依頼する

動画コンテンツの制作の専門会社に依頼するという方法があります。社内にプロモーション動画制作に関する知見がなくても、要望を伝えるだけでプロがプロモーション動画を制作してくれますので、手間がかかりません。動画市場の拡大と共に、動画制作を手がける会社は急増しています。動画制作にかかる費用も依頼する企業や体制によって様々な上に、費用の割に納得のいく動画に仕上がらないというケースも多発しています。予算の妥当性の見極めや、依頼企業の選定を慎重に行いましょう。

フリーランスに依頼する

個人で動画制作をしているフリーランスのクリエイターにプロモーション動画の制作を依頼するという方法があります。フリーランスのクリエイターは、動画制作会社に依頼するよりもコストを削減できるメリットがあります。
ただし、個人で制作しているため制作に時間がかかる、スキルに差があるという場合があります。また、撮影と編集を分離発注しなければならないケースもあり逆に手間になってしまうことも、料金面やクオリティの問題でトラブルが発生するケースがあるため、注意が必要です。シンプルなプロモーション動画の制作をする場合には、フリーランスに依頼することも一つの方法です。

広告代理店に依頼する

広告代理店は、企業のマーケティング活動を一手に担い、一貫性のあるブランドコミュニケーションを得意としています。プロモーション動画を広告代理店に依頼すると複数のコンセプトの提案をもらうことができます。一方、制作は外部のリソースを使うことがほとんどのため、費用としては高額です。高品質でエモーショナルな仕上がりを求めると、かかる費用も大きく膨らみます。販促効果として見合うかどうかがが判断のポイントとなります。

プロモーション活動にはARがおすすめ

プロモーション動画の制作には費用も時間もかかります。数百万の予算をかけて制作した動画が閲覧されない、制作しただけで終わってしまったというケースはどんな企業にも起こり得ます。そこで、プロモーション動画よりも制作が簡単で、活用の幅が広いのがARです。ARであれば、動画のようにただ閲覧するだけではなく、顧客が自分で操作して商品を体験できます。興味喚起や商品理解の促進、成約率の改善には、プロモーション動画以上に効果を発揮します。

メーカーパークのARは安心のサポート体制とご利用いただきやすい料金体系で、企業の商品PR、営業活動をご支援します。まずはWebARを体験してください。スマホ一つで今すぐAR体験が可能です!