導入事例

株式会社ダイケン様

マーケティング本部 30代 男性

これまで抱えていた課題

大きい製品が多く、実際の設置イメージやサイズ感をお客様に共有しづらかった。

当社では、住宅向け、公共/商業施設向けの様々な製品を取り扱っているのですが、メインは代理店営業となります。 競合も複数社ある中で、大きい製品も多いため、サンプルを全てのお客様にお見せすることができない状況でした。 カタログやWEBサイトの製品情報に頼って営業する方法では、お客様に具体的な製品イメージをご理解いただくのが難しく、円滑に商談を進めづらいことが課題でした。

メーカーパークを導入してメリットに感じた点

製品の設置イメージを複数人に伝えることができる。採寸などの作業を減らし、効率化ができる。

例えばゴミ収集庫の設置をご提案する場合、設置イメージを簡単に見せることができる点はもちろん大きいのですが、集合住宅で住民の方々に説明会を行う際に活用できる点も大きなメリットだと感じます。 ARをスクリーンショットで撮影した画像を使えば「こういったものがここに設置されます」といった資料を簡単に作成できますし、住民の方々がご自身でARを確認して操作を行ったり構造を確認したりすることで、納得感を感じていただきやすくもなります。 また、宅配ボックスの設置を行うこともあるのですが、メーカーパークの導入によって設置予定現場で採寸したりサンプル品を持ち込んだりといった作業を格段に減らすことができ、大幅な効率化に繋がる点も魅力です。

メーカーパークを導入して何が変わったか

精度の高い資料を効率的に作れるようになり、成約率に貢献。

製品の導入をご提案する際や、複数人に対して製品のイメージを共有する際、オーナー様や企業様内で製品導入の決裁を取っていただく際などに資料を作成する必要がありますが、メーカーパークの導入によって、資料の精度や効率が格段に上がりました。 具体的な製品設置イメージを資料に落とし込む際、全ての資料でわざわざサンプル品を用意して撮影するのは現実的ではありませんでした。それに比べ、メーカーパークならどこでも簡単にARを表示でき、スクリーンショットで画像を作成できるため、質の高い資料を効率に作成できます。それが成約率の向上にも繋がっているように感じます。

株式会社ダイケン


企業サイト

https://www.daiken.ne.jp/


所在地

〒532-0033 大阪市淀川区新高2-7-13


事業内容

建築金物総合メーカー

導入事例一覧へ戻る

導入企業

Nasta
TAKAMIYA
PREMIUM WATER
DAIKEN
Hasegawa